ホワイトニングの種類

ホワイトニングについて、さらに解説していきます。オフィスホワイトニングは、歯科医院で行う治療です。治療には、過酸化水素の薬品を利用して、さらにハロゲンライト、レーザー、LEDの光をあてることにより過酸化水素を分解して歯を白くさせます。具体的には、歯に色が付かないように過酸化水素をつけて、分解させるのです。

ホームホワイトニングについて説明します。ホームホワイトニングは過酸化尿素の薬品を利用して、歯を白くしていきます。そこで、自宅で知られずに出来るからいいかもと思いきや、1日2時間行い、期間を2週間かけて行うことが必要です。オフィスホワイトニングでは、2週間に1度の施術で2・3回通院します。

ホワイトニングには、この他にもあるのです。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの中間にあたるアシステッドホワイトニングというものです。言葉の通り、歯科医院と自宅ケアとの間で補助的な役割になります。さらに、歯が痛むのが嫌で神経を抜いた歯がある方もいると思います。そんな神経を抜いた歯を白くするウォーキングブリーチがあります。このように、歯を白くするだけでも必要な知識があるのです。さらに、エステサロンや美容サロンもホワイトニングをする施設が出てきているのです。

魅力的な女性に欠かせないホワイトニングを紹介!